離れた場所から安全に|実績のある業者にキイロスズメバチの駆除を任せる

実績のある業者にキイロスズメバチの駆除を任せる

女の子

離れた場所から安全に

害虫

新女王が誕生する前に

スズメバチは、攻撃的な性格をしている上に、他のハチよりも強い毒を持っています。年間に数十人もがスズメバチに刺されて死亡しているほどですから、スズメバチそのものや巣を見かけた場合には、そこから去ることが大事です。とはいえ素早く逃げ出すと、かえって興奮させてしまうことがあるため、刺激を与えないようにゆっくりと後退していくことが安全です。特に新女王が誕生する9月頃には、現女王と新女王とを守るために、スズメバチは警戒心を強めます。巣の半径10メートル圏内に入ってきた動物全てが、攻撃対象となるのです。したがって住宅付近で巣が作られた場合には、新女王が誕生する前に駆除しておく必要があります。警戒心がそれほど強くない時期なら、比較的安全に駆除することが可能です。

麻痺させる殺虫スプレー

スズメバチ駆除では、巣に対してハチ専用の殺虫スプレーがよく使われています。ハエや蚊を駆除するスプレーでも効果的ですが、ハチ専用の殺虫スプレーなら、噴射した場合に、5〜10メートルほど先まで届きます。つまり、巣からそれだけ離れて使用できるということです。風上から噴射すれば、スズメバチに気付かれることなく駆除することも可能です。殺虫スプレーには神経毒が含まれているため、触れたスズメバチは麻痺により身動きできなくなります。飛ぶこともできず巣から地面に落ちていくため、それを確認したら噴射をやめ、落ちたスズメバチをホウキなどで集めます。巣もホウキで叩くと地面に落ちるので、死骸と一緒に地面に埋めたり、袋詰めにして捨てたりします。